個人的なまとめ。


・イベント参加、来場の男女比は8:2位。

・前回より会場の縦横比が近いため、手ごろな広さに感じた。
 通路もそこまで狭くない程度に確保され、
 けんとそうりの場所についても改善されたように感じた。


・よみもの、装飾以外のデジタル系(ゲーム)が出てきた。
 合同企画のトランプも好評だったようだ。
 装飾系では、キャラモチーフハンドバックがあった。
 手縫い自家生産でよくやるなぁ・・と感心しきり。
 耐久度自身が手荒に扱う都合上、手にしなかったけど、いいものだと思う。

・アクリル製品、スタンダードだなぁ、と思う。
 透明感あってきれいだしね。ストラップとかで差をつけるとクール。

・見てて思うけど、けんとそうりイベント満喫してるなぁと思った。
 忙しくて思ったことができないという部分もあるだろうけど、
 たのしそうだなあ、と。

・隣の色紙がコンスタントに動いていったのを見た。
 前も思ったけど、色紙ってほしいものなのかなぁ。
 うーん、色紙の良さがわからない。

・その場で書けるのってやっぱりすごいよねー。
 なかにはその場仕上げ色紙もあったっぽい。


・バッジは今回あんまり動かなかった。
 たぶん他に埋もれてたのと、ラインナップ出してなかったのもあるかな・・。

・新規格のキーホルダー、選択式にしたけど、どうなんだろう。
 自分だったら嬉しい、でこうしたけど捌く側の選択としていいのかわからない。

・前回の口約(こうやく)、ジルとカルロッタは
 キーホルダーで形にした。
 見事になくなりました。くらすた愛すさまじい。

・カップリングは・・・うーん、史実に触れないといけない都合、
 ちょっとね・・。そうなると手あたり次第やっていくしか・・。

・うなぎさんと電球姉と割烹着さんとサトーさんとトウジョウさんとハラさま。
 なんかわちゃわちゃしてた。
 シェロブとダイヤとイザベルもいた。好きなんだなぁ・・ラヴみがすごい。

・女性作家さんがぼやいてたこと。
 「男性総理おおい」「もっと女性総理増えればいいのに」

・女性作家さんのは、色に縛られずダイナミックで自由だなあ、と感心。
 採色でいつも元絵に固執しちゃうのでそういう処は見習いたいなぁ。

・私のは男性向けなんだな、と。正確には「元男児」向け。

ホロは「ビックリマン世代に効く」らしい。うれしい。
 私としては「カードダス」のつもりだったのだけども。

21600-20-29-30 22400-23-34-30。

・全部はけてほしかったけど、うーむ・・。
 価格の見直しかなぁ。 残りどうしようかな・・。

・絵はもっと大きくていい!!


全そうりとせんきょかんりのみなさま、おつかれさまでした。
 つぎもあるといいな・・!!