くろしっぽ手記

個人サークル”くろしっぽ”の自由気侭な活動記録。 11/9/2~12/7/30、60のポーズ絵終了、多謝!

魔法使いになりたかった

こばにちは、くろまうす。です!
この挨拶も久しぶりですねー…!!

他の方と同様、最近はtwitterで
ぽろぽろつぶやいてる事が多々なのですが、
ブログだから書ける事もあるかなぁと
今回筆を取ってみました。

昔、知り合いさんに「絵描きは魔法使いみたい」って
例えられた事への最近の考えです。
長いので本文は仕舞っておきますね。続きを読む

メモ:キーホルダーの件

理想の全捌けは達成しなかったものの、
数字上の目標を達した今回を振り返ってみる。


●缶バッジ

 前回と形態は同じだったが、3つ違う点があった。

 1つは、中身の開示をしていなかった点。
 中身が不明では、興味を引けず、
 引く気にも出来ない。これは痛い。
 ラインナップの刷新もアピールできなかった。

 もう1つは、ラインナップの刷新
 今回は殆どが新しめのキャラになっている。
 が、中身の開示をしていないため、利を生かせず。 

 最後は、展示の仕方。
 キーホルダーに面の大半を割いた事も
 結果に影響を及ぼしたと思われる。

 コスト面では強いが、よく見かけるものため、
 どう見せるかを考えた方が良いかもしれない。


●キーホルダー

 新規。これを作った理由は以下の通り。
 ・新規アイテム(缶バッジより小さい何か)の開拓。
 ・手製ホロ加工の実践投入
 ・ガチャ方式との比較

 「ホロ加工」
 反応を伺うに成功と言って良いだろう。
 ("ビックリマン"という直球な反応もあった)
 生産の手間はどうにかなるが、
 色褪せ問題への対策により、
 材料の入手性が悪く、値も張るのが難点。


 「新規アイテム」
 不明。サイズ的にはギリギリ手頃だろうか。
 フレームの入手性が不安だが、自家生産出来る点は良い。
 裏面の文章などアイギスのドット職人アクキーとの
 共通点には、後で見て思わず笑ってしまった。
 

 「ガチャ方式との比較」
 ガチャは、欲しいキャラが出るまで回す、
 では、選べたらどうか?を試した結果。

 当日来場した総理の好みもあるが、
 人気投票の結果も実感しつつ、
 新しめのキャラが多く残る結果になった。

 選び方も
 「XX押しだから買う」
 「XXとYYがいるから」
 「SSR限定がいるから」
 と、様々。

 ホロと通常を並べた結果も大抵は、
 「どうせならキラキラしてる方を買う」人が
 多かった、らしい。

 カップリングも重要(狐姉妹はセットで捌けた)だが、
 数揃えるのはやはり骨が折れる。

 逆に「XXX組」みたいなセット頒布するのも面白そう。
 セット価格にしてみたりとか。

イベント参加雑感2019

個人的なまとめ。


・イベント参加、来場の男女比は8:2位。

・前回より会場の縦横比が近いため、手ごろな広さに感じた。
 通路もそこまで狭くない程度に確保され、
 けんとそうりの場所についても改善されたように感じた。


・よみもの、装飾以外のデジタル系(ゲーム)が出てきた。
 合同企画のトランプも好評だったようだ。
 装飾系では、キャラモチーフハンドバックがあった。
 手縫い自家生産でよくやるなぁ・・と感心しきり。
 耐久度自身が手荒に扱う都合上、手にしなかったけど、いいものだと思う。

・アクリル製品、スタンダードだなぁ、と思う。
 透明感あってきれいだしね。ストラップとかで差をつけるとクール。

・見てて思うけど、けんとそうりイベント満喫してるなぁと思った。
 忙しくて思ったことができないという部分もあるだろうけど、
 たのしそうだなあ、と。

・隣の色紙がコンスタントに動いていったのを見た。
 前も思ったけど、色紙ってほしいものなのかなぁ。
 うーん、色紙の良さがわからない。

・その場で書けるのってやっぱりすごいよねー。
 なかにはその場仕上げ色紙もあったっぽい。


・バッジは今回あんまり動かなかった。
 たぶん他に埋もれてたのと、ラインナップ出してなかったのもあるかな・・。

・新規格のキーホルダー、選択式にしたけど、どうなんだろう。
 自分だったら嬉しい、でこうしたけど捌く側の選択としていいのかわからない。

・前回の口約(こうやく)、ジルとカルロッタは
 キーホルダーで形にした。
 見事になくなりました。くらすた愛すさまじい。

・カップリングは・・・うーん、史実に触れないといけない都合、
 ちょっとね・・。そうなると手あたり次第やっていくしか・・。

・うなぎさんと電球姉と割烹着さんとサトーさんとトウジョウさんとハラさま。
 なんかわちゃわちゃしてた。
 シェロブとダイヤとイザベルもいた。好きなんだなぁ・・ラヴみがすごい。

・女性作家さんがぼやいてたこと。
 「男性総理おおい」「もっと女性総理増えればいいのに」

・女性作家さんのは、色に縛られずダイナミックで自由だなあ、と感心。
 採色でいつも元絵に固執しちゃうのでそういう処は見習いたいなぁ。

・私のは男性向けなんだな、と。正確には「元男児」向け。

ホロは「ビックリマン世代に効く」らしい。うれしい。
 私としては「カードダス」のつもりだったのだけども。

21600-20-29-30 22400-23-34-30。

・全部はけてほしかったけど、うーむ・・。
 価格の見直しかなぁ。 残りどうしようかな・・。

・絵はもっと大きくていい!!


全そうりとせんきょかんりのみなさま、おつかれさまでした。
 つぎもあるといいな・・!!